アーカイブ

2010 年 9 月 のアーカイブ

FUJITSU PRIMERGY TX100 S1 & Windows 7 64bit 動作報告

2010 年 9 月 19 日 コメントはありません

FUJITSU PRIMERGY TX100 S1をWindows 7 64bit デスクトップPCとして利用し安定してきたので備忘録がてらに動作報告。

まずは動作報告へのリンク。2chのユーザースレのログがことのほか役に立った。

  1. PRIMERGY TX100 S1を使ってみる: Widows XPで動作。Sound BlasterのUSBサウンドが有効。
  2. PRIMERGY TX100 S1に、GeForce9500GTを差してみた。: PCI-Express x1 にグラフィックボードを挿入→正常動作
  3. Fujitsu PRIMERGY TX100 S1 でホームサーバーを作ってみる: AHCIとRAIDをBIOSで無効にしてWindows XPをインストール
  4. 【IBM,NEC】激安・格安サーバ総合 10台目【HP】: メモリが2GBまでしか認識されない問題について試行錯誤。

さて、僕の場合。

  • グラボ: 玄人志向 RH4350-LE512HD/HS → PCI-Express x1 に挿し込むとヒートシンクとコンデンサが接触してしまう。でも気にせずに使っている。今のところ問題なし(問題があっても気づいていないだけかも)。このグラフィックボードはヒートシンクがデカいので2スロット割かないと使えないよ、とレビューされていることが多いが、PRIMERGY TX100はスロットの向きが上下逆なので、一番上のPCI-Express x1ならば他のスロットに干渉しない。
  • サウンド: PCIの安物でも良かったのだが、PCIは別の用途に使いたかったのでPCI-Expressのサウンドボードを近所のPCデポでSound Blaster X-Fi Xtream Audioを購入。PCI-Express x4に挿し込んでちゃんと動いている。やはりオンボードのサウンドとは音質が違う。なぜだかわからないが、たまにOSによる認識が失敗している。
  • メモリ: 6GB積んだらWindows XPでは2GBしか認識されなかった。上記4によればBIOSがサーバー仕様で特殊なものらしく、32bitのデスクトップOSでは2GBまでしか認識されないらしい。試してみたところ、確かにWindows Server(dream sparkのライセンス)やWindows 7 64bit(試用版)では2GBよりも多く認識された。というわけでWindows 7 64bit Home premiumのDSP版を購入することにした。
  • OS: 上記のメモリの問題にともない、Windows 7 64bit Home Premiumを導入。メモリは6GB認識されていて、これといった支障は無し。
  • USBラジオ: ロジテックのLRT-FMAM100U。64bit OSは公式にはサポートされていなかったがが正常に動作した。ただし、USBポートに挿し込むだけで使えるようになるわけでなく、「コントロールパネル」→「サウンド」→「録音」で有効にしてから使えるようになった。
  • TVチューナ・キャプチャ: バッファローのPC-MV1TV/PCIはWindows 7 に対応せずダメ。署名付きドライバじゃないとインストールさせてくれない。同様の理由でCanopusのMTV-1200FXもアウト。結局、本マシンには導入せず、Windows XPマシンで黙々と録画し続けている。
  • ドキュメント・スキャナ: Kodak i40。ヤフオクで1万円くらいで買った。公式にはWindows 7には対応しているけど64bit OSには対応してないとのこと。しかし、ドライバのインストールファイルを書き換えることでインストールできるようになるようで、試したらTWAINデバイスとしてうまく動作している。
Windows 7 のエクスペリエンス・インデックス
コンポーネント 詳細 サブスコア
プロセッサ Pentium(R) Dual-Core CPU E5400 @ 2.70GHz 6.2
メモリ (RAM) 6.00 GB 6.2
グラフィックス ATI Radeon HD 4300/4500 Series 3.7
ゲーム用グラフィックス 3327 MB の 利用可能な総グラフィックス メモリ 5.6
プライマリ ハード ディスク 空き 22GB (合計 49GB) 5.9

めぼしいところはこんなところだろうか。

カテゴリー: PC タグ: