アーカイブ

‘ieee’ タグのついている投稿

IEEE Spectrum

2009 年 2 月 22 日 コメントはありません

2ヶ月ほど前に必要があって、工学系国際コミュニティであるIEEEに入会した。けっこう前のことだから、そんなこと忘れてしまった最近に機関紙であるIEEE Spectrumが届いた。怪しげな表紙なうえに、裏表紙がMATLABの広告だから、はじめはダイレクトメールだと勘違いしたが、読んでみるとこれが面白い!学生会員$25/yearで決して高くはない。

内容はどんなもんかというと、様々な最新技術の研究・開発が主な話題だが、特筆すべきなのは、技術と社会の接点を具体的に説明している点。特に今月号ではエンジニアの就業意識(social impactとか)に関する問題が取り扱われていて、工学の意義を考え直させる機会になった*1。

あと、研究アイデアの情報収集として大変役立つ。今すぐ自分が取り組めるわけではないが、研究室やセンターで取り組まれている研究に関連しそうなことがいくつかあった。自分の研究に関連することもそのうち出てくるっしょ。

このように産業と学問の連携を促す雑誌を刊行しているIEEEは米国を起源とする団体である。一方で日本にこんな雑誌がないことを考えると*2、日本の産学連携って米国に比べて遅れているんだろうなぁと感じる。関係者も愚痴っていたし*3。そんなこんなで学生の立場から意識を変えたいなぁと想いを改めて固めました(こんな活動に励んでいることだし)。幸いにも自分の業界の上層部からは、下からの巻上げにご期待いただいているので、かなり好き勝手にやらせてもらっています。

注記

*1 一応説明しておくと、工学というと研究室に閉じこもって、ひたすら実験器具やコンピュータに向かっている印象があるが、実は思想として最も大切にしなきゃならんのは、社会との接点である。工学の定義でも

工学とは数学と自然科学を基礎とし、ときには人文社会科学の知見を用いて、公共の安全、健康、福祉のために有用な事物や快適な環境を構築することを目的とする学問である。

と、世のため、人のためという動機ありきの学問とされている。

*2 「ない」というのは言い過ぎかも。でもメジャーなものではせいぜい日経BP系ぐらいじゃないかなぁ。日経エコロジーを1年購読してみたけど、IEEE Spectrumほど素敵じゃなかったぞ。

*3 某T大では産学連携プラザなるものを運営しているが、某教授(僕の指導教官ではない)に言わせると米国某S大に比べればお遊び程度にしか見られていないらしい。

カテゴリー: レビュー, 研究 タグ: , ,